SoundFont OSC Synthesizer SF2P公開

  アナログ方式やFM方式で音色を作ると、何となく癖の強い音になっちゃいがちなストリングス系。基本的にはバッキングなどでうっすら使いたいので、サンプラー系音源の方が使いやすそうだなー、という…

→続きを読む


ZynAddSubFXでラピュタを演奏してみた

  最強のフリーソフトシンセZynAddSubFXで遊んでいたら、結構雰囲気のよいStringsが出来たのでジブリの「天空の城ラピュタ」テーマを演奏してみた。 で、前からちょっと興味があった…

→続きを読む


Kawai K-1

  モジュール版のK1mはすでに所有していましたが、うっかり入手。何だかカッコ良かったので。 で、せっかくなので…   ヤフオクでRAMカードも入手。   K…

→続きを読む


Yamaha EOS YS100

  4オペレータのFM音源シンセ。掃除しにくいデザイン(微妙な幅の溝がたくさん入ってる。ちなみにデカい丸はボリューム。)と、音づくりしやすい操作性が特徴。 「EOS」と言えばTK先生の代名詞…

→続きを読む


DX7のエレピ(3)

  YAMAHA DX7のエレピボイス最後は自作のデータをご紹介。 と言ってもINIT SOUNDから作ったのはひとつだけで、後の2つは他のピアノボイスをベースに、アルゴリズムやオペレータ、…

→続きを読む


DX7のエレピ(2)

  ダウンロードできるボイスデータの中には、著名なピアノやエレピの名前をつけてあるものがそれはそれはたいそうございます。 もっとも、必ずしもオリジナルと同じ音かといえば違う訳ですが、なにしろ…

→続きを読む


DX7のエレピ(1)

  FM音源は硬いクリンクリンした音が得意ということで、今なお数多くのボイスプリセットがインターネットでダウンロードできたりします。   ウチにも結構たくさんあるので、気に入ったボ…

→続きを読む


DX7 自作ボイス SLOWSTR S1

  なかなか思う通りにならないFM音源の音色づくりですが、たま~に「おっこれは!」というようなのも偶然出来たりすることも。 せっかくなので設定値を記録しておこうという訳。   FM…

→続きを読む


Casio SK-1

  史上最も多く売れたサンプリングキーボードだそうで、そんな訳でホームページもたくさんあるし、カスタマイズや改造の紹介も検索すればかなりいろいろ出てきます。   で、いろんなページ…

→続きを読む


カシオトーン MT-520

  初期のPCM音源モデルながら、ご覧のとおり思い切った(笑)スペックのミニ鍵盤カシオトーン(MT)。 おなじみのプリセット、カシオコード、簡易メモリー機能と、ついに?恒例のアイコンイラスト…

→続きを読む