ちょっと前のシンセとフィルムカメラの話とか。SASATAKO.COM


Free VSTi SoundFont OSC Synthesizer SF2P

SoundFont OSC Synthesizer SF2P

 

SF2Pは、SynthEditで作ったオリジナルサウンドフォントシンセサイザーVSTiです。

Freewareです。

 

Windows版32bitVST2版Windows版64bitVST2版

 

仕様など

  • SountFont(sf2)ファイルを再生するためのプラグインです。
  • サウンドフォントのファイルを選択できて、
  • バンクとインストゥルメントを選べて、
  • その音色の音程(Tune)上下1オクターブとADSRを設定できる

 という機能だけの、シンプルなサウンドフォント音源です。

 

Download

ZIP圧縮してありますので、解凍して所定のフォルダに入れてお使い下さい。

 

使い方

 

SF2Pの画面解説

 

  • [1]MIDIチャンネルの設定。あんまりいじる必要はなさそう….
  • [2]モノフォニックで使うときの各種設定。あんまりいじる必要はなさそう……
    Mono:モノフォニックにするかどうか/Retrigger:鍵盤を押すたびにエンベローブを効かせなおすかどうか/Priority:鍵盤の優先をどうするか/Portament:ポルタメントの量
  • [3]読み込ませるサウンドフォントファイルの設定。フォルダのアイコンをクリックしてファイル選択。
  • [4]サウンドフォントファイルのバンクとインストゥルメントを設定。
  • [5]-1~1オクターブのピッチ設定。レイヤーで使うときにほんの少しズラしてうねらせる用。
  • [6]ADSRの設定。

 

レイヤー化でなんちゃって加算合成

SF2Pをレイヤーで使う

 

  • ↑画面はAbleton Live9の Instrument Rackでレイヤー化してみたもの。
  • ボリュームレベルとチューンをマクロでコントロールして、なんちゃって加算合成。
  • でもホントは2レイヤーぐらいがよさそう….。

 

使い方のポイント

 

  • 結構軽いので、小便利に使えます。
  • サウンドフォント自体は、例えばMUSFさんのサイトとか(情報をありがとうございます)。
  • ubuntu Studioなどで使えるフリーの楽譜ソフト「MuseScore」に付属しているFruid系GMサウンドフォントとか…..
  • 「FluidR3 GM2-2.SF2」で検索すると、GitHubからダウンロードできるみたいですネ。
  • ADSRをしっかり設定して、DAWの空間系エフェクトを足してやればなかなかな音色に。

 

謝辞など

  • このソフトはフリーウェアです。ご利用にあたっては各自の責任においてお使いくださいますよう、お願いいたします。
    This software is a freeware. Please use on one’s own responsibility.
  • ソフトウェアに関するご質問・ご意見等は作者sasatakoまでお願いいたします。
    Copyright (c)sasatako.com, All rights reserved.

by SASATAKO