Casiotone MT-800

  ROMパックの自動演奏やLED式メロディーガイド、メモリーなどのカシオトーンらしい機能に加えて、妙にデカい外付けスピーカー(角度を調整出来る)でステレオ仕様に出来る、何だか豪勢なカシオト…

→続きを読む


カシオトーン CT-640

  カシオトーン初のPCM音源モデル。カシオ30周年記念サイトによれば1988年製。カシオコード・自動演奏・トーンバンク・メモリー機能と、カシオトーンの面白さ満載。内臓デモ曲シャカタク/ナイ…

→続きを読む


Yamaha DX7

  普段愛用しているシンセサイザーがこれ。たま~に中古ショップで見かけると、何だかじわじわ値段上がってるような気が…。1983年製という事は、32年前の製品。基本的に鉄と木で胴体…

→続きを読む


Roland MC-303 groovebox

  見た目はカッコ良い、音源付きのシーケンサー。ボディは鉄板(細かい砂目模様入り)なので、冬に手が触れて冷たくてびっくりする。   ローランド得意の「A押しながらB」方式の操作で、…

→続きを読む


KORG POLY800改

  KORG初のMIDI対応アナログシンセ。矩形波しか出せず、鋸波は「疑似ノコギリ波」だったため当時は「嘘800」といわれてしまったらしい…。ま確かに間抜けな音色(しっ失礼!)。…

→続きを読む


Casiotone MT-100

  カシオトーンの型番にはCT,PT,MTなどいろいろありますが、何でもわかるWikipediaによれば、「MT」はミニ鍵盤のモデルにつけられるのだそうで、確かにひと回り小さい鍵盤なので、隣…

→続きを読む


Casiotone CT-808

  ネットにもほとんど情報が無いためカシオさんのサポートに問い合わせたところ、CT-805というモデルに純正ACアダプターが付いたモデルとのこと。「808」って名前がいいじゃないですか。ほぼ…

→続きを読む


Kawai K1m

  マニュアルによると「128倍音までの倍音合成によって作られた波形が204個、PCM波形が52個」内臓されており、その中から4つ選んで合成する方式で音作りをする、とある。 またそうやって作…

→続きを読む