SoundFont OSC Synthesizer SF2P公開

  アナログ方式やFM方式で音色を作ると、何となく癖の強い音になっちゃいがちなストリングス系。基本的にはバッキングなどでうっすら使いたいので、サンプラー系音源の方が使いやすそうだなー、という…

→続きを読む


VSTiをSynthEdit 1.3で再Exportしました

  アクセスしていただいた方から、Linux上のLMMSだとちゃんと動かないみたい、とご連絡をいただいたので、あれこれいじくっている中で、久しぶりにSynthEditのサイトを見てみるとバー…

→続きを読む


モノフォニックPDシンセ SPDBを公開。

  またまたSPD2を改造したフリーPMシンセVSTi SPDBを公開しました。 解説 & ボイスサンプル & Downloadページはこちら。   今回の特徴…

→続きを読む


Free VSTi FMシンセ SFM4

  バーチャルアナログシンセSas103に続いて、SFM3を機能アップしたフリーFMシンセVSTi SFM4を公開しました。 例によってMac版は、確認する手段がないので動作未確認ですが。い…

→続きを読む


フリーソフトシンセ Sas103を公開!

  久しぶりにSynthEditでVSTソフトシンセをアップグレードしました。   サブオシレータを追加したので「Sas103」として新規に解説ページも追加。 見た目はこのところす…

→続きを読む


FMシンセを作ってみたよ

  SynthEditで作っていたFMシンセがだいたい出来たという事で、公開しました。 →ダウンロードと詳しい説明はこちら   オペレーターを7つにして、基本ユニットを3並列。それ…

→続きを読む


LiveとSyntheditと64bitと32bit

どうやら大人の事情により、 Ableton Live9 32bit版は32bit版VST2のみ対応 Ableton Live9 64bit版は64bit版VST2のみ対応 SynthEdit1.2 3…

→続きを読む


SynthEditやってます

  pureDataとかMaxのようなインターフェースで、オリジナルVSTiプラグインを作れちゃうという。ソフトシンセとはいえ楽しくてしょうがない。     出来たVST…

→続きを読む