ちょっと前のシンセとフィルムカメラの話とか。SASATAKO.COM


iOSアプリでSoundCloud再開

SoundCloudふたたび

 

しばらくほったらかしだったSoundCloudを再開。
せっかくなので、操作練習も兼ねてiPadのアプリで作ってみることにしました。
で、使っている音楽系iOSアプリのご紹介。

どれもダウンロードと試用は無料。でもそれなりに使うためには、やっぱりアレコレ購入が必要。試用期間があるといいんだけど…。

 

Native Instrument iMaschine2

 

NI iMaschine2

  • サンプリングしてリズムパートを作るのに使用。
  • 少し前まではエラー多発。最近はメンテナンスされて?普通に動いてくれている様子。
  • ステップモードはあるけど、シーケンサーがない….。
  • よさげなのが出来たら、ループとして書き出してクラウドに保存。それをBlocs Waveに読み込んで使用。
  • 開発元:Native Instrument

 

Ampify Groovebox

 

Ampify Groovebox

  • シンセサイザー4種類によるiOS用のDAW。
  • このアプリひとつで最初から最後まで作れそうだけど、自分は主にパート作成用に使用。
    Ableton Link対応アプリならテンポ同期しながら動かせるので、iMaschineやBlocs Waveと一緒に再生しながらメロディを考える。
  • iPad miniだとシーケンサー画面がちっちゃすぎて、MIDIノートの長さをドラッグするのが至難の技。鍵盤の表示数を変えられるのは便利(12にすればそのスケールのピアノ鍵盤で弾ける)。
  • 開発元:Ampify Music

 

Loop-Sessions Piano Chords Master

 

Loop-Sessions Piano Chords Master

  • コード進行を試したり考えたりするのに使うアプリ。
  • なるべくシンプルで簡単な鍵盤向けコードアプリを探していて、よさそうだったので。
  • 開発元:Loop-Sessions

 

Ampify Blocs Wave

 

Amplify Blocs Wave

  • お気に入りのサンプラー&ルーパー。
    録音したりインポートしたりしたWaveデータをマルチトラックでループ。
  • で、シーンがひと通り出来たら、Launchpadに書き出してアレンジ&演奏&録音。
  • このアプリからAbleton Live Setへの書き出しも可能。
  • 開発元:Ampify Music

 

NCH WavePad

 

NCH WavePad

  • 音声をちゃんと録音して、編集・加工したい時用。
  • パソコンで使っているAudacityみたいなのがないかな~と思って探して、いちばん使いやすかったのがこれ。
  • ライン入力のためにはオーディオインターフェースがないとだめなようなので、もっぱらマイク録音。
    加工して、必要なところだけ切り出して、Blocs Waveにインポート。
  • 開発元:NCH Software

 

Ampify Launchpad

 

Ampify Launchpad

  • NovationのMIDIコントローラ「LaunchPad」のアプリ版?。超楽しい。
  • 最終的にこのアプリに持ってきて、演奏しながら録音。で、SoundCloudにアップロード&公開、という流れ。
  • アレンジを考えたりしながら、ちょっとフレーズを変えたいナと思ったらBlocs Waveに戻って編集したり出来るので、非常に便利。
  • 開発元:Ampify Music

 


2019-09-25Tips, ソフト関連