ちょっと前のシンセとフィルムカメラの話とか。SASATAKO.COM


外付けストロボ

東芝 P-3+ミノルタ ハイマチック

 

運悪く「なるべくフラッシュは使わないようにしましょう」的なカメラ本で育ってしまったため、デジカメで自動でフラッシュが立ち上がるたびにイライラ気味に閉じてしまっていた私としては、ホルガで外付けのフラッシュを別に用意してくっつけるというのは案外新鮮な体験でした。

「いかにもフラッシュで無理やり明るくしてます」的な画面も、あえてやってみるとなかなか面白かったり。

 

で、使う予定もないのに、ハイマチックの取扱説明書に載ってるようなレトロなのを探してみたりとか。

 

レトロなデザイン書体で「東芝BC発光器 P-3」と書いてあるのを発見。アルミのフライパンみたいなのをくるーっと展開させて、真ん中にストロボ球をくっつけるタイプ。そうそうこれこれ。わはは。

 

まだ準備中で未使用….

東芝 P-3のフラッシュと電池
  • フラッシュバルブはヤフオクでデッドストック品を入手。昔プリントゴッコでよく使ったなあ。懐かしい。
  • 箱のベロ部分に手塚治虫さんっぽいイラスト。何だか豪華。
  • ところが22.5V電池がまだない。こちらのカメラ屋さんによれば結構なお値段。うーん。どうしようかなあ…..
  • 1.5Vのボタン電池を15コ繋げばよさそうだけど、うーん。どうしようかなあ…..

 

なので今のところはこっち

ナショナル パナマジック

 

  • ナショナル パナマジック PE-240。300円….
  • これはこれで昭和っぽいデザインで、お気に入り。
  • 単三電池4本使用。チャージする時の「キュイーン」がカッコいい。

 

ハイマチックでパナマジック

 

  • ハイマチックでパナマジック。
  • ストロボ部分は縦にしたり横にしたり。

 

もう1コ、ミノルタのAuto 200EXはHolga用


2017-04-23カメラ関連