ちょっと前のシンセとフィルムカメラの話とか。SASATAKO.COM


puredataやってます

付属のオーディオデモ

 

元々は、ubuntsu studioでインストールされるアプリケーションの中にあって、何だろなと思って調べてみたところ、MIDIやオーディオに特化したプログラミング環境だそうで。もともとはこっちが元祖らしいですが、チュートリアルをやってみるとMaxやSynthEditに似た感じで、もうちょい素朴というか、レトロというか、要するに無装飾系が好きな人にはツボをぐいぐい押しまくる仕様というか。

 

日本語サイトもあるようですが、ちょい難しいという事で、工学社の『「PureData」ではじめるサウンド・プログラミング』という入門書を読みながらシンセサイザーを作ってみたりしました。

 

puredata版のシンセサイザー

 

公式サイトからはWindows版もダウンロード出来るということで、画面キャプチャはWin版。

Win版だと、VSTとして動かすための機能拡張もあるのだかないのだか、あるけどちゃんと動かないのだか、単独で動かすのが基本みたいな感じなのかな? Linux版の方は、Jackに対応しているので、他のJackアプリケーションと連動させたり出来て便利。(出した音をJack経由でイコライザーに通したり….)

オシレーターから作っていくという事で、手作り感は満点。

 

関連リンクなど


2015-08-05Tips, Ubuntu, ソフト関連